平成25年厄年早見表  

開運・導きの大神 佐太大神(猿田毘古大神)の広大無辺なる御神徳を授かりましょう 

○厄年祓について

 

厄年は古来より人生の節目として考えられ、身に降りかかる災いの多い年として身を慎み、健康や身辺に注意をはらう時期とされています。地方によって多少違いがありますが一般的には数え年で男性は二十五歳、四十二歳、六十一歳、女性は十九歳、三十三歳、三十七歳といわれ、厄年の前後の3年間をそれぞれ前厄、本厄、後厄とし、その間は慎ましく生活を送ることが望ましいとされています。なかでも男性四十二歳、女性三十三歳は人生の中での大厄とされています。また、厄祓いは年始より節分までに行うことが望ましいです。(下記 厄年早見表を参照ください)

 

※数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には 1歳を加えた年齢です。

平成25年厄年早見表

厄年早見表